開店祝いに喜ばれる花選び

友人や知人、お世話になっている方が新たにお店を開店する時はそれをお祝いします。そこで、多くの方が開店祝いに贈る品物が花です。実際に贈りたいと考えている場合、お祝い用を専門的に取り扱っていたり、全国へ配達を行っているお店を選ぶことが重要です。専門店なら、豪華なアレンジメントをはじめスタンド使用、お祝いにピッタリな胡蝶蘭などがあります。贈りたい方やお店に合わせた種類を選ぶことが可能です。また、初めて贈る方の中には、どのような種類を選べばよいのか分からない方もいます。そこで、お店のスタッフに気軽に相談する事が大切です。選ぶ時のポイントは開店前の忙しい中、贈る事もあるので花束などは花器が必要になる為、アレンジや鉢を選びます。お祝いの気持ちを伝えるためにも事前にどのような種類を選べば喜ばれるのか把握しておくとスムーズに選べます。

開店祝いのお花のマナー

新しくお店がオープンするとき、これからも応援します、ますますの発展をお祈りします、という意味を込めて、お花を送ることがあります。今回は、開店祝い時にお花を送るときのマナーについてレポートします。一般的には、胡蝶蘭を送ることが多く、相場は2万円程で、胡蝶蘭3本から5本が多くなっています。最近は、同じく相場は2万円として観葉植物を送ることもあるそうです。胡蝶蘭が並んでいてもめでついですが、観葉植物もあったらおしゃれで嬉しいですよね。観葉植物は、とても長持ちするので人気と言われています。送る期間は、お店のオープンの1週間前から前日が良いとされています。あまり早いと開業工事の邪魔になるのと、オープン時に綺麗に咲いているようにするのがベターです。場合によっては、遠慮しているお店もあるので、送る際は、送って良いかの有無、木札を付ける、名前を間違えないなど、配慮が必要です。また、赤のカラーは火事を連想させるので避けましょう。

開店祝いの花といえばコレです

開店祝いの決定的な定番花といえば、胡蝶蘭ではないでしょうか。肉厚な花びらとエキゾチックな色合い、ほんのりとした香は見目麗しく、華やかなムードを盛り上げてくれるアイテムとしてお祝いの場には欠かせない存在です。この胡蝶蘭は普段フローリストの店頭では中々見受けられません。というのも湿度や温度調節が微妙であり、少しでも良好な状態でお客様にお届けしたいという事から、店舗に置かれている数量というのが限られている事が多いからです。しかし、オンラインでならいつでもどこからでもその日のカットオフ時間に間に合えば当日配達をしてくれる専門のサイトもあります。うっかり開店のおめでたい日を忘れていた場合でもまだまだチャンスはありますからご心配要りません。一口に胡蝶蘭といっても沢山の種類があります。開店祝いをお送りする先の雰囲気などをよく考慮して華やかに彩りましょう。

プレジュールは、素直に感動できる心を大切に、お客様にいつでも笑顔でいただける花をご提供していきます。 「大切な記念日をうっかり忘れてしまった」「急に花束を準備しなければならない・・・」など、急いでお送りする必要が出たときなどもお任せください。 当社では、様々なシーンにおける贈り物用の花を扱っており、WEBで簡単にご注文いただける他、FAXやお電話でのご注文も可能です。 開店祝いにおすすめのお花

NEW エントリー

記事はありませんでした

PAGE TOP ↑