開店祝いの花を贈る注意

親しい友人や親戚、お世話になった人など身近な人が新たにお店をオープンさせた時には開店祝いを贈ろうと考えるのではないでしょうか。しかし開店のお祝いを贈ることはそう頻繁にあることではないので、何を贈れば良いのかやマナーで悩む人も多いはずです。悩んだ際には、無難と言えるのはやはり花ではないでしょうか。花と一口に言っても様々なタイプがあります。どんなものでも贈れば良いというものではありません。特に注意しなくてはならないのが色です。赤色を贈ると燃えることを連想させてしまうのでよくありません。勿論それのみではなく、香りにも注意しなくてはなりません。特に飲食店の開店祝いの場合には、香りの強いものは好まれません。どのようなお店をオープンさせるのかもしっかりと考え、相手に迷惑にならない花を贈るようにしておく必要があります。

開店祝いの花の選び方

開店祝いを贈ることは、そう多いことではないので初めて贈る際には悩むのではないでしょうか。もちろん親しい人ならば相手に欲しいものを聞いてから、希望のものを贈るのがベストですが、それほど親しい相手ではないと聞くこともできないので悩むはずです。悩んだ際に無難な贈り物と言えるのはやはり花ではないでしょうか。しかしなんでも喜ばれるというわけではなく花言葉やサイズには十分に注意しておかなくてはなりません。お店の大きさと比較してあまりに大きなサイズのものを贈ると置き場所がないので相手を困らせてしまうことになります。贈る際には、花屋に足を運び相談してから決めるようにしましょう。お祝いしたいという気持ちで開店祝いを贈るにも関わらず、それが原因となり相手を困らせることになってしまっては贈る意味がなくなってしまいます。

開店祝いの花の選び方

開店祝いを贈る際に悩むことといえば、何を贈れば良いのかという点ではないでしょうか。現金は実用性もあり喜ばれますが目上の人に贈るわけにはいきません。しかし残るものは好みもあり、お店の雰囲気も知らないと飾ってもらえるものを選ぶことも困難です。その際には花を贈る選択をする人が多いのではないでしょうか。花を贈る際には、いくらが妥当なのかで悩むことになりますが、相手との関係性で金額を選ぶようにしておきましょう。あまりに高額なものとなると、いくら現金ではないとは言っても相手が気を使ってしまいお返しで悩ませることになってしまいます。選ぶ際には、相手に気を使わせないという点はもちろんのこと、迷惑にならないものという点に注意しましょう。香りの強いものや花言葉がマイナスのものもあるので実際に見てから決めるべきです。

NEW エントリー

記事はありませんでした

PAGE TOP ↑