開店祝いの花を贈るタイミング

開店祝いに贈るものの定番と言えばやはり花ではないでしょうか。迷惑になることもないので無難な贈り物と言えますが、花を贈る際にはタイミングには注意しなくてはなりません。オープンの前日が最も適していることは確かです。当日でも問題はありませんが、オープン初日は忙しいことが予想されるので、受け渡しなどで手間をかけるとかえって迷惑となってしまいかねません。もちろん、オープン後になるのはよくありません。手配の問題などでどうしてもオープンの日よりも遅れる場合には、違うものを贈ることも視野に入れておきましょう。特に、一週間を過ぎてしまうと花を贈るべきではありません。どんなに豪華なものであっても、タイミングを間違えると相手に失礼にあたると言うことをきちんと理解した上で贈るようにし、相手のことを最優先に考えるようにしましょう。

開店祝いの花の選び方と注意

開店祝いに花を贈ろうと考えている人も多いのではないでしょうか。贈り物として迷惑になるものではなく、お店が華やかになるので良い贈り物ものと言えますが、必ずしも良いというわけではないので注意しなくてはなりません。注意点として一番に考えておかなくてはならないのが、クリニックや飲食店の開店祝いの場合です。クリニックや飲食店では香りの強いものや花粉が飛ぶようなものは好まれません。好まれないだけならばまだしも、迷惑と感じ取られてしまうこともあります。もちろんサイズにも注意が必要です。鉢植えの場合には想像しているよりも大きいサイズということもあり、置き場所がなくて困るというケースがよくあります。祝いを贈る前に一度お店に足を運んで雰囲気を見ておくことができれば良いですが、無理な場合には無難な花を贈るようにしましょう。

開店祝いの花とメッセージカード

開店祝いを贈る際に何が良いのか悩むことは多いですが、まず頭に浮かぶものといえば、花ではないでしょうか。種類も様々なのでどれが良いのかで頭を悩ませる人も多いですが、一般的なマナーを守ることができれば特に注意するべき点はありません。しかしその際には、必ずメッセージカードをつけるようにしましょう。カードを付けておかないと誰からのお祝いの品かわからなくなってしまうということもありますが、それのみではなく相手に気持ちが伝わりにくいです。それぞれに花言葉がありますが、その意味を知っている人はそう多くはないのではないでしょうか。贈る際には、意味もしっかりと調べておき意味を相手に伝えるためにもメッセージカードに意味を書いてみるのも良いのではないでしょうか。少しの工夫で、贈り物がより喜ばれるものとなることは間違いありません。

NEW エントリー

記事はありませんでした

PAGE TOP ↑