開店祝いに最適な花のギフト

開店祝いのギフトには、花を贈ることをおすすめします。フラワーギフトなら新しい店舗に飾って訪れる客に見てもらうこともできます。全国にあるフラワーショップ約4、200店と提携を結んでいるネット通販ショップでは、開店祝いに最適なフラワーアレンジメントや胡蝶蘭の鉢植えなどが何種類も取り扱われています。店内に飾るのにぴったりのフラワーバスケットや、店の前や入り口に飾りやすいスタンドタイプなどから選べます。店の雰囲気やオーナーの好みに合わせて、花の種類や色も様々なものが用意されており、贈りたいと思えるものがきっと見つけられるはずです。またどれを選べばわからないという人のために、用途やイメージを伝えればおまかせで選んでもらえる便利なサービスを利用することもできます。ぜひ気軽に利用してみることをおすすめします。

開店祝いの花で避けるべきこと

親しい人やお世話になっている人に開店祝いを贈ることはあるのではないでしょうか。その際に贈り物として適しているものといえば花です。場が華やかになるので、どんなものでも良いと考える人も多いですが贈る際にはマナーには十分に注意しなくてはなりません。その中でも避けるべきものといえば、赤色です。赤色は火を連想させるので燃えるというイメージとなってしまいます。開店祝いを贈ることはそう頻繁にあることではないので、マナーを知らずに良かれと赤い花を選択してしまう人もいますが、赤いものを贈ることにより自分が恥をかくのはもちろんのこと、お店側にも迷惑をかけることになります。どんなものでなくてはならないということは決まっているわけではありませんが、避けるべき色のことはしっかりと頭に置いておくようにする必要があります。

開店祝いで花を贈るタイミング

開店祝いで贈られるものとして多いのが花ではないでしょうか。無難であり、迷惑にもならないので適した贈り物ということは確かですが、その際には一つ注意しておかなくてはならないことがあります。それが、贈るタイミングです。オープンさせるということを聞いたらすぐにでもお祝いを贈りたいという人も多いですが、花の場合には開店日に一番ベストな状態で飾れるようにしておく必要があるので、あまり早い到着は好まれません。しかし開店祝いのパーティーなどがあり参加する場合には、その日に贈るのもマナー違反ではありません。何よりも避けるべきなのは、当日の忙しい時間帯に贈ることです。できれば前日に届くようにしましょう。当日は、花の受け取りなどをしている暇がなくかえって迷惑をかけてしまうことにもつながりかねないので注意しましょう。

NEW エントリー

記事はありませんでした

PAGE TOP ↑