美容室の開店祝いにお花を贈りました

先月、わたしの友人が美容室をオープンしました。まだ30代前半なのですが、いままで一生懸命お金を貯めて、開業に向けて努力していました。友人は、小学生のころから自分で美容室をやりたいと言っていたので、本当に夢を有言実行してすごいなとおもいます。昔からの夢がついに叶ったということで、友人であるわたしたち同級生もすごく喜んでいます。オープンの日には、サプライズで開店祝いの大きなお花を贈りました。同級生の何人かで連名で贈ったのですが、友人はすごくびっくりして喜んでくれました。これから大変なこともあるかとおもいますが、せっかく夢がかなったのだからめげずに頑張ってほしいです。わが家も家族全員で髪を切りに行きたいとおもっています。友人の腕は確かなものなので、ママ友や近所の方にも宣伝して、ぜひ繁盛させたいです。

開店祝いに花を贈りましょう

開店祝いに花を贈りましょう。新しくお店をスタートさせる友人、知人をお祝いしましょう。火事を連想させる赤い色のものは避けます。白い胡蝶蘭に人気があります。花粉が散らず、匂いも強くないので、飲食店や事務所、病院など、どんなジャンルのお店にもふさわしいです。華やかな雰囲気が楽しめます。3本か5本立ての胡蝶蘭に人気があります。4本や9本は縁起が悪いのでありません。ビジネスシーンでは木札を付けます。木札に書くのはお祝いの文言と贈り主の名前です。誤字、脱字は大変失礼にあたるので注意します。親しい間柄ならメッセージカードを付けます。胡蝶蘭以外なら、花瓶がないこともあるので、アレンジメントが良いでしょう。明るい色のものが新たな門出にふさわしいです。出来れば、開店の前日に届くようにします。前日、お店にいないようなら、当日の早い時間に届くようにします。

人気が高い開店祝いの花に関して

飲食店等の開店祝いには、花を贈ることが定番になっています。贈られる方は嬉しいですし、お客さんに対しては新規オープンの告知にもなります。友人や知人が共同で贈るケースもありますし、新しい出発には欠かせないアイテムと言えます。人気が高いのは、コンパクトな花のようです。最も多いのは胡蝶蘭で、華やかなムードを演出してくれます。胡蝶蘭は高額になりますが、見た目も美しく格好のアピールになるはずです。飲食店の場合は、新たに開店をした店の半数が三年以内に閉店するというデータがあります。それだけ競争の激しい世界ですので、何よりもスタートが肝心ではないでしょうか。スタートを上手に決めることで、その後は順調に進めるはずです。商売をする上で大切なことは、初心を忘れないことです。開店祝いに贈られた美しく花を記憶にとどめて、難局を乗り切って下さい。

NEW エントリー

記事はありませんでした

PAGE TOP ↑